障害年金の種類


障害年金を受給するには、公的年金に加入していることが原則となります。しかし、加入している年金制度によっても障害年金の種類が異なるため注意が必要です。病気やけがを負って病院の診察を受けた時点で、どの保険に加入していたかで、年金の種類が決まります。

国民年金は障害基礎年金、厚生年金は障害厚生年金、共済年金は障害共済年金が支給されます。厚生年金または共済年金に加入している方は、国民年金の被保険者でもあります。障害の等級によっては障害基礎年金も一緒に支給が受けられるでしょう。

障害基礎年金が受給されるのは、障害の原因となる病気やけがで受診した日に国民年金に加入している方だけではありません。20歳未満で保険に加入する前の方や、被保険者資格を喪失する60歳~65歳の方も支給対象です。

障害厚生年金は、厚生年金に加入している期間中に診断を受けた場合に支給されます。また、障害厚生年金の支給対象となる方は、別途、障害手当金の支給の対象となることもあります。障害年金の支給対象となる障害の程度は、国民年金施行令、厚生年金保険法施行令によって定められた障害等級によって異なります。これは、身体障害者手帳の等級とは異なるものです。