障害年金の受給要件


障害年金の受給要件には、大きく3つがあります。障害の原因となる病気やけがの初診日が年金加入期間中であることのほか、保険料納付要件と障害認定日要件があります。

保険料納付要件を満たすには、初診日の前日時点で、初診日のある月の直近2カ月間で、下記の条件のいずれかを満たしている期間が3分の2以上なければなりません。条件は、配偶者か自分が保険料を納めているか、保険料を免除・または猶予されていることです。つまり、初診日までの期間中に3分の1を超える期間、保険料の滞納がある方は、障害年金を受け取ることができません。

障害認定日とは、その人が基準以上の障害状態にあるのかを判断する日です。初診日から1年6ヵ月が経過した日、または、1年6ヵ月を経過する前に症状が固定しており、それ以上の治療の効果は見込めない状態と認められた日のことを指します。その他、例外もありますが、障害認定日に一定の障害状態にあることが認められると、その翌日から障害年金が支給されます。

障害年金を受給するためには、必要な書類を提出して請求することが必要となりますが、請求が遅れても過去最大5年間をさかのぼって支給されます。また、障害認定日に規定されている障害等級に当たらなかった方であっても、65歳の誕生日の2日前までに症状が悪化したことで等級が上がった場合は受給が可能となります。


外部サイト→障害年金サポート – 白石社会保険労務士事務所
障害年金申請のサポートを行っている社労士事務所です。